くらし

ライフラインのあれこれ

2019年8月13日

Pocket

ねこのニャタリー
全国のソファーでポテトチップを食べるのが至福!ってみなさん、こんにちは。

肉球がベタベタするな、あと、喉が渇いたよ。人間のおねえちゃん、お茶!

あ!わたしのお菓子、減ってる・・・
人間のおねえちゃん
ねこのニャタリー
お茶まだ?あったかいやつ!

水のあれこれ

 

 

 

 

 

 

水道の水は、地域によって時間がちがうけれど、いちにち24時間のうちの5、6時間くらいの間にかなりの水圧で送られてきて、各家庭、各建物ごとにその水圧で屋上のタンクに溜めていくんですよ、2階建くらいの低層なら水圧だけで屋上まで送れちゃうんです。

マンションみたいな高層だと、エントランスあたりに電動のポンプがあってそれで送っていくんですね。2017年に水害に見舞われて以来、地下に溜めるタンクも需要が増えてきてる様子。

近年メーターがついて、従量制に。ちょっと前までは定額制だったけれど、メーターがついてからはちゃんと測ってある分、少し安くなった。でも、日本と同じかそれより少し高いかな、という感覚。

ねこのニャタリー
そもそも、タンク自体設置してなくて水がきてる昼間に炊事洗濯シャワーみんな済ます!夜トイレを流す分くらいは溜めてるけど夜は寝る!って家もあるんですよ。もっともかもしれないよね。
まぁ、ねこはそれでもいいかもしれないけどね。

ときどきだけど停電するじゃない、そういうのって昼間に多いじゃない、水がくる時間帯に停電しちゃったら、水溜められなくて困るよね。

人間のおかあさん
夏場はみんな水の消費が激しいし、どこのおうちのタンクにも水をたくさん送らなきゃいけないから、それで水圧が下がるのも困るな。水圧が弱すぎて浄水器とかシャワーの温水器が使えなくなったことがあるんだよね。
人間のおねえちゃん
ねこのニャタリー
シャンプーなんて、年に1回で十分なのに。
でも、お茶は飲みたいんだよね?
人間のおねえちゃん

ガスのあれこれ

 

ガスは各自で購入。水のタンクは建物ごとだけど、ガスのボンベはガス器具ごとに購入。ガスコンロにひとつ、お風呂がガス温水器のおうちはそれにもひとつ、寒い地域とかだとガス暖房機にもひとつ。最初にボンベ代(70ソルくらい)をデポジットして、ガス(36ソル前後)で購入、以降は購入時に空のボンベと新しいボンベを交換する形式。ボンベを返すとお金も返ってくる形式。

他のメーカーのボンベでも規格は同じだから、交換するのはどこのお店のでも、どこのメーカーのでもいいそう。

ねこのニャタリー
回収して、まとめて自社の色に塗り替えてまたガス詰めて売ってるってことかな。たまにペンキくさいボンベもあるしね。
普通のとプレミアムがあるらしい。プレミアムにはプレミアム用のをつけなくてはいけないそうな。たしか30キロ入ってたような。まあ、うちはずっと普通のやつだけど。
人間のおかあさん

電話してガス屋さんに配達してもらうおうちが一般的。実際に電話に出てくれるか、持ってきてくれるかは不明だけれど24時間対応を謳ってるところもあるよ。

電話で頼んだら、30分くらい待ってるのにちっとも来なくて、ガス屋さんたら、そんな住所なかったって言うんだよ。

あるよ、この前もおたくで頼んだよ、5分くらいで来てくれたよって言ってもう1回きてもらったの。

今日の配達の人は新人なのかと思ったらさ、この前届けてくれた人だったよ。

人間のおかあさん
ねこのニャタリー
ちょうど近所にガスも扱ってるお店があるから、空のボンベ持って直接行くほうが早かったかもね。

営業所に直接行って買う方法もあるよ。

そういえば、ケーキを焼いてる最中にガスがなくなっちゃってさ。

近所のガス屋さんは定休日、配達しますよってガス屋さんは、そういうときに限って、しょっちゅう広告が入ってくるから煩わしくてみんな処分しちゃったところだったりね。その日は外食したよ。それ以来、ボンベをもうひとつ常備することにしたよ。

人間のおかあさん

ガスは、なくなっちゃった時は不便だけど、ポットとか炊飯器とか電子レンジとか、電気でなんとかなるよ。

IHオンリーのマンションなんかもできてるけど、電気だけが頼りっていうのもリスキーな気がするよね。
人間のおねえちゃん
ねこのニャタリー
火が使えないなら、キャットフードを食べたらいいじゃない?
うん、でも、お茶は飲むんだよね?
人間のおねえちゃん

 

電気のあれこれ

電気はメーター1つに対してひとつの請求書がくるので、マンションなんかだとメーターボックスが部屋の数だけずらりと並んでついていますよ。メーターはひとつだけだけど、家の中の一部屋、もしくは敷地内の一角を貸し出している場合なんかは、部屋数や入居人数で割り勘だったり、光熱費は定額だったり家賃に含まれてたり、大家さんによっていろいろ。

予告なしの突然の停電もあれば、工事するからこの地域は何月何日の何時から何時まで停電だよ、とホームページに載っていたり、新聞に載っていたりのこともある。

首都であればめったに停電しないようですが(停電したときニュースになっていたので)、このあたりだと昼間に1時間くらいの停電が3、4か月に1回、6時間を超えるような予告があっての停電は1年に1回くらい。暗くなる前には点くようになることがほとんど。

ねこのニャタリー
工事で改善されていけばいいなと思うけど、そんなに不便は感じていないかな。
日曜の朝、起きたらすでに停電してたってこともあったけど、通りでこの辺どこも大きな音で音楽かけてないわけだ、工事の電動ドリルの音もしないし、めっちゃ静か!どうせ電気使えないからもう1回寝よう!ってなるし。
人間のおかあさん
キッチンが薄暗い!これじゃお茶はいれられない!ってなるね。
人間のおねえちゃん
ねこのニャタリー
怒ってるな・・・もう勝手にポテトチップ食べたりしないから!ちゃんと食べたよって言うから!

 

 

おまけ 請求書のあれこれ

銀行の口座を作るとか、戸籍の申請のときのような住所の証明には水道、もしくは電気のどちらかの請求書が必要なので、コピーではなく実物を持って行くんですよ。

あれ、うちのはメーターひとつだけだから大家さんの名前になってる・・・

大家さんに言ったら請求書は貸してくれたけど、今月のじゃないし・・・

人間のおかあさん
ねこのニャタリー
名義が違っても、最新のじゃなくてもいいみたい。それが公共料金の請求書が届く住所になっていれば、ということみたいで。
たしかに、それでダメって言われたことないな。

・・・名前も違うし、今そこに住んでないかもしれないのに、一体何の証明なんだろう

人間のおかあさん

 

 

地域差はライフラインのクオリティの差

ねこのニャタリー
都市部みたいな水道や電気がきてる地域ばかりじゃないので、そういうところは定期的に給水車がきて、そこに各自で溜められそうなものを持って集まるんだって。

電気が通ってないということは、その日に食べる分だけその都度買ったり、洗濯機を使わないで手洗いしてるんだと思うよ。慣れちゃえば案外不便じゃないのかもね。

そんな地域で発電機を持ってるところだと、一部のレストランとか食料品店くらいじゃないかな。一般家庭で発電機なんか持ってるお金持ちなら、便利な都市に引っ越すもんね。いわゆる貧困地域ってことになるわけだけど、その分生活するお金はかからないからね。

低予算で暮らそうと思えば、それも可能ではあるという話。

ペルーの人でも、そういう人たちを気の毒だっていう人もいるけど、そういう生き方もあるって話ね。なにを以ってしあわせというのかってはなしだから。

人間のおかあさん

 

貧困層をどう引き上げるのかは論議されているよ。好きで貧困層をやってる人はまずいないですからね。

ほうき
お金がかからない場所があれば、そこに住むことで生きていける、そういう場所が必要だ →これは裏を返せば、「お金のない人はこっちにくるな」でもあるわけで、それを解消されてしまうとお金持ちがお金持ちでいられなくなるから、そういう政策はなかなかうまくいかないそうな。
格差の是正ってやつだ、日本でも問題になってるやつだな
人間のおかあさん

-くらし
-, , , , ,

Copyright© ペルーに住んだらほうきを買え! , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.