くらし ひとびと

おうちごはんを考える

2020年9月24日

Pocket

ねこのニャタリー
くる日もくる日もせっせとごはんを食べてるみなさん、こんにちは!
人間のおかあさん
毎日同じメニューで済んだらどんなにラクだろうと一度は思ったことのあるみなさんも、こんにちは!

入門編 輸入食品店で買う

ガチな日本食材は高いよ。

輸入食品のお店は、値段もだけど、どこにでもあるわけじゃない。お店にいくまでにタクシーに乗らなきゃだったり、タクシーに乗り込んだところでこっちの人は輸入食品屋さんに買い物に行くことがまずないでしょ、「ああ、あそこのお店ね!」とはならないので、住所の分かるものを持って行ってね。

人間のおかあさん
大使館に行った時もそうだったな、運転手さんもほとんどの国民も、日本人らしき旅行者を乗せたことある人でも大使館に行くことはあまりないから「え、どこにあるの?」「この地区のどこブロック?」みたいに聞かれる…
ねこのニャタリー
自分でも慣れないところに行くときは、事前に住所を紙にメモして、インターネットで探した地図もプリントアウトして見せられるようにしておくといいよ
人間のおかあさん
スマホを見せるよりいろいろ安心だからね

ゴマ油は普通のサラダ油やオリーブオイルやアマニオイルと同じようにだいたいのスーパーにあるよ。以前は日本酒が近所のスーパーにあったのだけど最近は見ないな、その代わりキッコーマンのしょう油が置かれるようになった。ペルー料理によく使う調味料としてしょう油らしきものはあるのだけど、商品名でsillaoシジャオ、kikkoキッコーだと思ってる人もいるけど、salsa de soya(soja)(soyaもsojaも大豆なのだけど表記が2種類ある不思議なもののひとつ、大豆のソース)中華系メーカー含め全般にグルタミン酸ナトリウムが添加されている。いわゆる味の素。

その賛否というより、やっぱり味に違いがあるのでアメリカ産のキッコーマン、ごくたまにヤマサもあるので見つけたら買っておく。それでも本当の発酵させたものではないので美味しさで言えば満足ではないのだけど、これがあるだけで気持ちはかなり救われる。

人間のおかあさん
首都に行く用事があるときは4リットルを買ってくるよ。たいていは日帰りするのでルートの都合でこのしょう油とついでに買った味噌や日本酒とともに一日中歩き回ったりするよ、何キロあるのかな?

初級編 代用や自作について考えてみる

ゴマ油はスーパーにある。米も首都ならどの市場にも少し割高程度でネバダという種類の米が手に入るそうなのだけど、地方では見かけたことがない。市場にはないので、少しマニアックなスーパーにスシ用として売られていればそれを、それもないときは普通のスーパーで安い米から探す。

ペルーでいうよい米とは、ニンニクを油と塩で炒めて軽くすすいだ米を入れて炊いたときにパラパラしたもので、水のみで炊くのに適していない。逆にいえばベタっと重いテクスチャの米は好まれないのだけど安いものにはその手の質感のものが多い。食品コーナーの中央あたりに量り売りでドンと置かれたものはたいていお買い得品、こういうものから試していくとよい。

季節や年によってもはずれ(こちら的には出来がよいのだろうけど)で私が食べてるこれは無味なシリコンかな?って食感のときもあるけど、合わなかったときはペルー風に炊く、チャーハンや炊き込みご飯、混ぜ込みご飯か丼にするといいかもね。白飯はあきらめろ!

人間のおかあさん
ご飯が美味しくないと悲しくなってくるけど、たまに「これは!!!」という米に出会ったときに喜びも倍増だから、次いこう次!

スーパーによっては日本酒や味噌や豆腐もある。日本酒やみりんは甘めで酸味の弱いロゼワインを代用する話を聞いて、使い分けているよ。ワインもピンキリだけど、安いものの方が味が近いかもしれないね。

日本にいたときにお友達が無農薬の大豆から味噌を作ると美味しいと、年に一度仕込みさえすれば、という話をしていたので「これは自作できるのでは」と思ったのだけど、こうじがない。輸入しないときびしいかもしれないね。一応こうじも作る検討はしたけど、衛生面できびしい。こうじ必須なのでしょう油も同じく断念。

豆腐は、にがりは手に入らないのでお友達がマグネシウムのサプリメントを流用していたよ。たまごの殻からマグネシウムを抽出する技もあるようだけど、やっぱり衛生面を考えたらやめた方がよさそう。

納豆は枯草菌は理論上どの草からでもとれると聞き、さすがに道ばたの草や公園に生えている樹木の葉はハードルが高すぎる思い、セロリとパクチーの葉で作ったことがあるよ。

納豆の条件はクリアしてそうだけど、香草です!って主張は強くて…好きな人は好きかもしれない風味かな?

ひよこ豆(ガルバンゾー)の豆腐は有名かもしれないね、やっぱり大豆の豆腐みたいな色もさっぱり感もないけれど何度か作ったことがあるよ。

人間のおねえちゃん
わーい、これにははちみつが合うかもね
人間のいもうと
わーい、プリン大好き!

おかずとは認識されなかった。

中級編 日々のことなので手に入るもので作る

今のところ現実的なのは、手に入る食材と代用調味料で作ること。たまにペルー料理も作るけれど、どこででも食べられるし、やっぱり正解を知っている人が作る方が美味しい。作っても、味は美味しいけれどこの風味は正しいのか分からないんだよ…

首都のリマに泊まっていたとき、日系の知人が近所の市場で味噌が買えるというので喜び勇んで出かけたのだけど、入り口あたりで「味噌ってありますか、日本の食べ物で、大豆のペーストで…」と聞くと「あの角の店じゃない?」「あそこに中華料理の調味料あるよ」「中華料理じゃないって」「調味料はそこがいちばん多い」「じゃああの角で聞いてみて」「ああ、それならあの角の店」

人間のおかあさん
一周してきただけや…

結局なかったのよね。市場に入ってるお店は回転が早いときがあるから、教えてくれた人が買ったときにはあったけど今はそのお店がなくなっちゃたのかな。

いつでも必ず手に入るものでだと

野菜

ゴマ油で炒めれば和食と言って差し支えないはずである。

・きゅうり、なす 日本のものよりかなり大ぶり、皮が厚く硬いので筋様(ピーラーで縦にしましまになるように)剥く、生姜も千切りにして加えるとなお良い。しょう油だと色がつくので嫌なら塩だけで十分。

・人参、キャベツ、豚肉の野菜炒め、もやしもあるよ、ひげ根はもちろん緑豆部分や豆の殻もついているので気になるなら除く、けど面倒くさいからそのままでも食べられるよ。

・トマト(基本イタリアントマトなので皮を剥いてるけどもちろんそのままで食べられる)と卵炒め。トマトから水分が出るから塩は最後に振る。

・人参を千切り、日本酒もしくはロゼワインと砂糖、しょう油で味をつけて白ごまを振る。ごぼうはないが立派な金平

・洗ったレタスにものすごく熱したゴマ油をジュっとかけて塩かしょう油で味を整える

・茹でたもやしでナムル、茹でた千切り人参を入れてごまをふるなど。

・セロリ(葉は外す)炒めて黒胡椒、スジはあまり硬くない気がする。クセは少ない。セロリが好きな人にはたまらないと思う。よくやる。

・ブロッコリーの茎がザーサイみたいになるというのでこれもやった、電子レンジだけでもできた。

ゴマ油が大好きなんだなって思ったかもしれないけれど、その通りだよ。

 

炊き込みご飯

好みの米が手に入らなかったとき、安い米でのりきりたいときにおすすめ。

・鶏肉、人参の千切り、好みならグリーンピース追加、生姜、日本酒(かロゼワイン)と砂糖、塩、うっすら色がつく程度にしょう油で炊く。鍋で米を炊くと早いし美味しい簡単なのでぜひ。

土鍋じゃなくても全然いい、鍋底が厚くて蓋に穴がないものがいい。穴があれば爪楊枝でもアルミホイルを細い棒状にして刺せばいいよ。

・豆ご飯

少量の塩、好みで日本酒少々、グリーンピース。

・赤飯

小豆は輸入食品店にはある、餅米もある。けれどどちらもアメリカ産だったので、普段のごはんならレッドキドニー(赤インゲン豆)と普通の米。甘くはないけれど雰囲気は出る。

赤飯の炊き方と同じ。白ごまはどこにでもあるけれど黒ごまは見かけたことがない。

 

煮物

・鶏肉とゆで卵、しょう油ベース、同じ感じで豚の角煮もできる

・大根と鶏肉、いんげんや絹さやを足してもよい

・肉じゃが

牛ひき肉はよく見かける。薄切りはちっとも薄くないのでブロックになっているものを自分で細かく切ってもいい。じゃがいもは種類が多いけれどyungayジュンガイがクセのないニュートラルな感じがするのでとりあえずで常備するならこれ。玉ねぎ、人参、いんげんなどと。日本酒かロゼワイン、砂糖、しょう油で濃い目に味付け。

ペルーにはね、万能ネギがあるんですよ、ネギとごまをのせておけばだいたい勝てるよ。

 

白身魚は、魚焼きグリルがあるわけではないのでホイル焼きにするのがいいかもしれない。

ティラピアやスワイのようなナマズの仲間の川魚はムニエルにするといいよ、これが和食かどうかは知らない。ティラピアの方がやや高価。でもスワイに比べると身が固い。スワイがホロホロすぎるのかもしれない。どちらも味は淡白だから、衣をつけて揚げても美味しい。下味をつけてもいいし、塩もしくはレモンで味を足すのもよい。

 

カレー

・ルーは輸入食品店にある。

が、カレー粉もスパイス類もスーパーにある。スパイス類と小麦粉と油脂(オリーブオイルやバター)を小さめのボウルで練ればよい。スパイスはクミン、唐辛子、胡椒と粉末パプリカ、シナモンなど適当に。スパイスが適当で失敗したことはないけれど、油を一切使わない試みは全敗しているので(苦味がダイレクトで薬膳料理の権化みたい)脂の多い肉を入れる、バターを足すのがよいのでは。

野菜を煮る際にローリエ、アニス(我が家ではお茶用のティーパック)を投入。カレーは酸味と甘み、酸味はトマト、甘みは玉ねぎやさつまいもを多めに。全部自作すると毎回味が変わって不安定なのでコンソメやトマトケチャップを入れるのもよい。

まあ、せっかく野菜や肉の種類を変えても同じ味になっちゃうことにもなるからお好みです。

 

シチュー、ハンバーグ、チキンライスにオムライス、ピザ、ラーメンも作るけど、日本の家庭料理と和食の境界線は分からない。ホットケーキやドーナツも作るけどこれも。

うどん、お好み焼きは出汁を気にしなければそれっぽいものはできる。ソースだけ輸入食品店で買うか、バーベキューソースやケチャップやマヨネーズをブレンドして、要は味の濃いものでごまかしていく。

餃子は皮は小麦粉と水だけだからね、時間があるときに作ると楽しいよ。インターネットにレシピはいくらでもあるでしょう、ありがたい。天ぷらも唐揚げも生姜焼きも親子丼も牛丼も材料さえあればできるから料理が苦じゃなければ大丈夫。全部を輸入食品に、もしくはすべてペルー料理に寄せなくては、とはならないから特別に高くつくこともないんじゃないかな。

みんな!合言葉は「ないなら作ればいいじゃない」だよ!

 

 

日本のレストランのクオリティを知っていると「ペルーは料理がおいしい、そこがいいところ」と書かれても

人間のおかあさん
日本で言ってみ?

となるけど、緯度や水の硬度でどうにも美味しく仕上がらない場所は多いから、それを思えば世界的には美味しい部類なのだろう。外食も悪くない。

人間のおかあさん
汚染や添加物の心配を少しでも減らしたいんだよね
ねこのニャタリー
猫と犬のみんな、ペットフードはスーパーでも動物病院でも売ってるよ。近所の小売店だと少量ずつ買えるけど…
犬のアレワンドロ
お肉を茹でればいいじゃない!添加物ゼロだよ!

 

-くらし, ひとびと
-, , , , , ,

Copyright© ペルーに住んだらほうきを買え! , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.